moah.me
本サイトで出来ること

VAMPSTROUBLE間奏

音名 E A F♯
和音
機能 T S Sec.Ⅴ(S)
根音 完全4度上行 短3度下行
進行
- -
終止
共通 - - M3→P5
解釈

2音がトライトーンを形成するが、1音は主音にあたる音。だから、ドミナントとしての性質が弱い。多分。


ダブルドミナント。7thコードは半音上のdimコードでも代理可能。このdimコードの転回形は1転も2転も3転も全部dim7。『つくれるサントラ、BGM』


力強い響き。パワフル。ドミナントは基本的に強いと考えて良さそう。


Ⅰ→ⅡあるいはⅥm→Ⅱ等と、Ⅱmの代わりで使われることが多い。Ⅵm→Ⅱmは哀しい感覚だが、Ⅵm→Ⅱはおしゃれな感じ。Ⅱの次はⅣやⅤに移行することが多い。使用例はかなり多い。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


ドイツ式では、ドッペルドミナント。ダブルはドッペル。


解釈を投稿

動機 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果


分析結果を投稿