moah.me

BACK-ONwimp ft.Lil'Fang(from FAK間奏

音名GAF♯mBGAF♯mB
和音ⅢmⅢm
機能SDT(T)SDT(T)
根音長2度上行短3度下行完全4度上行長3度下行長2度上行短3度下行完全4度上行
進行
S・D連結D偽終止S・D連結D偽終止
終止偽終止偽終止
共通なしP1→m3
M3→P5
P1→P5P1→M3なしP1→m3
M3→P5
P1→P5
解釈

メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


アド9が頻出。


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


「ポップミュージック」におけるロマンチシズムってのはメジャーとマイナーの調性の揺らぎが生み出す。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ちょっと我慢する感じ。


本格的になる感じ。のらりくらりする感じではない。


「もっと」みたいな。飽くなき感じ。


more系の歌詞と親和性があると思う。


4511はBメロで多いかも。


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


解釈を投稿


調性の保留感が強まる。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


3度下行には後退する感じがあるのかも。


先行和音が持つ主和音への進行の期待から、この和音である種の残念な気分が生み出される。


4536は循環進行(1645)の前後入れ替え、逆循環進行(4516)の1を3にしたものとも取れる。


背景が不安定になるところで歌詞は願望とか、相反する感じが出ててもいい。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


解釈を投稿


セカンダリーとはいえ、ドミナントはドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


Ⅱmへの進行を滑らかにするためのコード。第3音は歌うときには音が取りずらいという難点もある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ピカルディ終止はバロック時代にその起源をもつ特殊な終止。『やさしくわかる楽典』


中音が構成音からはみ出す。


短調にグッと寄る。


短調からみた、下属調のセカンダリードミナント 。


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


これは偽終止ですね。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


「ポップミュージック」におけるロマンチシズムってのはメジャーとマイナーの調性の揺らぎが生み出す。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ちょっと我慢する感じ。


本格的になる感じ。のらりくらりする感じではない。


「もっと」みたいな。飽くなき感じ。


more系の歌詞と親和性があると思う。


4511はBメロで多いかも。


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


解釈を投稿


調性の保留感が強まる。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


3度下行には後退する感じがあるのかも。


先行和音が持つ主和音への進行の期待から、この和音である種の残念な気分が生み出される。


4536は循環進行(1645)の前後入れ替え、逆循環進行(4516)の1を3にしたものとも取れる。


背景が不安定になるところで歌詞は願望とか、相反する感じが出ててもいい。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


解釈を投稿


セカンダリーとはいえ、ドミナントはドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


Ⅱmへの進行を滑らかにするためのコード。第3音は歌うときには音が取りずらいという難点もある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ピカルディ終止はバロック時代にその起源をもつ特殊な終止。『やさしくわかる楽典』


中音が構成音からはみ出す。


短調にグッと寄る。


短調からみた、下属調のセカンダリードミナント 。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節半終止前楽節後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿