moah.me
本サイトで出来ること

VAMPSDEVIL SIDE間奏

音名 A♭m A♭
和音 Ⅱm
機能 S Sec.Ⅴ(S)
根音
進行
終止
共通 P1→P1
P5→P5
解釈

この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


Ⅳよりも推進力が強い。


異質なもの。


安直でいかにも。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


解釈を投稿


2音がトライトーンを形成するが、1音は主音にあたる音。だから、ドミナントとしての性質が弱い。多分。


ダブルドミナント。7thコードは半音上のdimコードでも代理可能。このdimコードの転回形は1転も2転も3転も全部dim7。『つくれるサントラ、BGM』


力強い響き。パワフル。ドミナントは基本的に強いと考えて良さそう。


Ⅰ→ⅡあるいはⅥm→Ⅱ等と、Ⅱmの代わりで使われることが多い。Ⅵm→Ⅱmは哀しい感覚だが、Ⅵm→Ⅱはおしゃれな感じ。Ⅱの次はⅣやⅤに移行することが多い。使用例はかなり多い。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


ドイツ式では、ドッペルドミナント。ダブルはドッペル。


解釈を投稿

動機 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果


分析結果を投稿