moah.me

ザ・ピーナッツ大阪の女 ( ひと )Intro

音名CFGFFmCFC
和音Ⅳm
機能T(弛緩)SDS(S)TST
根音完全4度上行長2度上行完全4度上行
進行
S終止の逆進行S・D連結S終止の逆進行S終止
終止
共通P1→P5なしなしP1→P1
P5→P5
P5→P1P1→P5P5→P1
解釈

「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャートニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


メロディは離れていく。歌詞はそれに抵抗するみたいな相反する動きも面白い。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


sus4は色彩感のない響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


長七の和音。煌びやかな響きが特徴で20世紀に入ってから用いられるようになった。『やさしくわかる楽典』


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナント終止みたいに聞こえる。


リラックス的要素が強いから、夜を表すのにもいける。夜と朝はどこか似た感じもある。この進行は昼には向かないかな。


かなり持続的に感じられる。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


「ポップミュージック」におけるロマンチシズムってのはメジャーとマイナーの調性の揺らぎが生み出す。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ちょっと我慢する感じ。


本格的になる感じ。のらりくらりする感じではない。


「もっと」みたいな。飽くなき感じ。


more系の歌詞と親和性があると思う。


4511はBメロで多いかも。


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


解釈を投稿


はぐらかし。


やはり柔らかい終止を実現するための進行かな


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


導音も一応は解決する。


6とは機能は違うけど、共通音多いし、まあ広義の偽終止と考えるのもなくはない。


更にS・D連結終止したいときとかにもある。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


迷い込む感じにも聞こえる。


義務を果たさない状況が存在していると言うことにこの進行の救いがある。


解釈を投稿


ショパンが結構使ってるっぽい。


このあと、Ⅲの和音(Ⅵmのドミナント)の代理としてFdim7に進行することもできる。そこからの偽終止でⅠに進行することも。


長調にいながら一瞬短調の和音を用いることで響きに艶が出せる。


ⅣからⅣm。切なくなる。『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』


少し疲れた、それでいて何かしら甘い、一日の終わりとしての夕方の気分が感じられる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


少しずつ変化を加えながらクライマックスへ持っていくことが、曲を面白く聴かせるポイント。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


単純になりすぎないようにするための方法。


ずっとⅣで演奏したら、何の印象にも残らないただのいい曲で終わってしまいそう。Ⅳmが曲にスパイスを加えてくれる。ちょっとした変化を与えるための方法。隠し味。ニュアンス。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


ノスタルジックな感情をもたらす。変化球。(https://www.nextdesign-jp.com/chord_database/sub_dominant_minor.html)


60年代70年代頃のポップスやロックに多用されていた和音。(https://www.nextdesign-jp.com/chord_database/sub_dominant_minor.html)


解釈を投稿


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


メロディは離れていく。歌詞はそれに抵抗するみたいな相反する動きも面白い。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


sus4は色彩感のない響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


長七の和音。煌びやかな響きが特徴で20世紀に入ってから用いられるようになった。『やさしくわかる楽典』


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナント終止みたいに聞こえる。


リラックス的要素が強いから、夜を表すのにもいける。夜と朝はどこか似た感じもある。この進行は昼には向かないかな。


かなり持続的に感じられる。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


解釈を投稿


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→S→Tは、行こうと思って忘れ物を取りに帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


祈りの言葉。


決して永遠の安らぎを感じさせるような安心感ある結末ではない。一度終わったようで後を引く、またすぐに続けたくなる。完全な結びつきでないが故にズルズルあとを引く。『音楽の正体』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


変格終止と見られ、これが宗教音楽や遠い過去を想起させるときに用いられる手法」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


「サブドミナントからトニックに至るため、全終止と比べやや柔らかい印象を与える。あまり十分な終止感を与えないが、古典的な楽曲の最後の用いられることがある。」


「音楽の世界ではIV度の和音から主和音に解決する終止形を「アーメン終止」と呼ぶ。これは賛美歌の最後に唱える「アーメン」に、この終止形を用いることが多いことから名付けられた。ポピュラー音楽の世界では、広義にsus4から解決する進行もアーメン終止と呼ぶことがある。」


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿