moah.me
本サイトで出来ること

NMB48プライオリティーIntro

音名 Fm D♭ E♭ A♭ E♭/G Fm D♭ E♭
和音 Ⅵm Ⅴ/M3 Ⅵm
機能 T S D T D T S D
根音 長3度下行 長2度上行 完全4度上行 長3度下行 長2度上行 完全4度上行
進行 4度上行型反復進行(2度下行スライド)の変化形
S偽終止の逆進行 - - D終止の逆進行 D偽終止 S偽終止の逆進行 -
終止 全終止 偽終止 全終止
共通 P1→M3
m3→P5
- - P5→P1 なし P1→M3
m3→P5
-
解釈

マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


Where系の歌詞とすごく親和性高い。


離れていくのを止められない。


ちょっとずつ離れて行くような感じ。強引に引き戻せそうな感じもする。でも手を出せないなにか心理的な抵抗もある。


どこかへ行ってしまうような感じ。寂しい。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


解釈を投稿


跳躍は上行跳躍。


ここでメロディの跳躍が多い気がする。


Ⅴが重たすぎると思った場合に有用。(https://yppts.adam.ne.jp/music/sinko.html)


不安定な分、推進力がすごく出る感じがする。


トライトーンを鳴らすかどうかは音価により判断してもよさそう。


コンファメ進行ならここはdimの方がいい。なんというか、弾みをつける感じがでる。逃れたい感じ。音価が短いからこそのdimの響き。スパイス。


この和音は主和音にはなれない。m7-5。『つくれるサントラ、BGM』


m-5は不安、不安定、不気味さを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


1563。硬・柔のリズムが転回形により作り出される。


パラレルモーション(https://tunegate.me/P20150929005)


解釈を投稿


マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


Where系の歌詞とすごく親和性高い。


離れていくのを止められない。


ちょっとずつ離れて行くような感じ。強引に引き戻せそうな感じもする。でも手を出せないなにか心理的な抵抗もある。


どこかへ行ってしまうような感じ。寂しい。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


解釈を投稿

動機 前楽節 半終止 後楽節 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果


分析結果を投稿

動画