moah.me

Bank BandはるまついぶきIntro

和音ⅢmⅥmⅢmⅡm
機能S(中間)D(緊張)TDSTS(中間)
根音完全4度上行完全4度上行完全4度上行
進行
S偽終止D偽終止の逆進行S偽終止S偽終止の逆進行
終止
共通なしP1→P5なしなしなしなし
解釈

メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


解釈を投稿


先行和音根音に傾きがあり、それが解消される進行。主音が導音に向かう進行もあるのでクリアには言えないが、導音はあくまでも和音みた第5音。影響度で言えば根音の持つ傾きの方が強いのではないか。導音の持つ傾きと下属音のもつ傾きを単純に比較すれば、導音の傾きの方が強いだろう。


半音順行型。弛緩の気。


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


ベースが下がるのと反行していく流れ、ⅣのP5から、Ⅲmのm7へ、そしてⅡmのadd9。どんどん離れていく感じが切なさを醸し出す感じ。ノンコードトーンになるのもいい。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


短和音にはトライトーンができない。


解釈を投稿


マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


3645進行もある。4536の前後を入れ替えたもの。こっちの方が疾走感が出るのかも。緊張にどんどん向かっていく感じとか。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


あえて導音を解決させないことで、単調な展開を防ぐ。また、終盤に盛り上がりを作ることができる。次こそはという感じ。


Ⅲm→Ⅵmは、ジーパン姿の田舎の女性のよう。『コード進行による作曲入門ゼミ』


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


「クラシック曲では普通は無いが、近年のポピュラー音楽等では、進行が終止せず、終止に向けた一定のフレーズを繰り返しながらフェードアウトして終わる、といった曲や、ゲームのBGMのように曲自体は何度でも繰返して終わりがないといった曲もある。コンピュータゲームにおいて、特定のルートを通ると、再び同じルートが登場し、先に進めなくなる仕掛けのことを無限ループと呼ぶ場合がある。」


6515進行も。単調な揺れ進行なのかも。


長和音に進行することによる安堵感もある。


根音の順次下降はラテン的。


苦痛?


解釈を投稿


はぐらかし。


やはり柔らかい終止を実現するための進行かな


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


導音も一応は解決する。


6とは機能は違うけど、共通音多いし、まあ広義の偽終止と考えるのもなくはない。


更にS・D連結終止したいときとかにもある。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


迷い込む感じにも聞こえる。


義務を果たさない状況が存在していると言うことにこの進行の救いがある。


解釈を投稿


先行和音の根音に傾きがあり、それが解消される進行。主音が導音に向かう進行もあるのでクリアには言えないが、導音はあくまでも和音みた第5音。影響度で言えば根音の持つ傾きの方が強いのではないか。導音の持つ傾きと下属音のもつ傾きを単純に比較すれば、導音の傾きの方が強いだろう。


半音順行型。弛緩の気。


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


ベースが下がるのと反行していく流れ、ⅣのP5から、Ⅲmのm7へ、そしてⅡmのadd9。どんどん離れていく感じが切なさを醸し出す感じ。ノンコードトーンになるのもいい。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


短和音にはトライトーンができない。


解釈を投稿


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


Ⅳよりも推進力が強い。


異質なもの。


安直でいかにも。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節半終止
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

    該当する曲が登録されていません。

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿