moah.me

HAWAIIAN6WonderIntro

音名A♭G♭D♭/FE♭mD♭A♭/C
和音Ⅰ/M3ⅡmⅤ/M3
機能DSTSTD
根音
進行
--S終止--D終止の逆進行
終止
共通--P5→P1--P5→P1
解釈

転回形を用いて、細やかな揺れにしている感じ。


近く感じ。4141とかは、近づき、離れて、近づき、みたいな感じ。揺れを繰り返す感じが、壮大。自然に息づくリズム的な。


3と6みたいな感じで分割されることも。分割すると勢いが生まれる。


メロディと合うかも判断材料。


ベースラインの綺麗さを意識して作られた進行


刻一刻と迫り来る感じ。


終止感を弱めているのかも。継続的な感じにしたかったのかも。


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、終止が薄弱化されています。


むしろ、印象を弱めようとしているのかも。基本形への進行は結構インパクト強い。終止感を弱化させて、他に聴かせどころを作ってる感じ。


無理してる感じがでる。なんとか、雰囲気を維持しようとしてると考えてもいいのかも。短和音にしたくないのかも。


解釈を投稿


跳躍は上行跳躍。


ここでメロディの跳躍が多い気がする。


Ⅴが重たすぎると思った場合に有用。(https://yppts.adam.ne.jp/music/sinko.html)


不安定な分、推進力がすごく出る感じがする。


トライトーンを鳴らすかどうかは音価により判断してもよさそう。


コンファメ進行ならここはdimの方がいい。なんというか、弾みをつける感じがでる。逃れたい感じ。音価が短いからこそのdimの響き。スパイス。


この和音は主和音にはなれない。m7-5。『つくれるサントラ、BGM』


m-5は不安、不安定、不気味さを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


1563。硬・柔のリズムが転回形により作り出される。


パラレルモーション(https://tunegate.me/P20150929005)


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節前楽節後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿