moah(β版)

GARNET CROWまぼろしIntro

音名 Am F/A Em A F/A Am F/A Em
和音 Ⅵm Ⅳ/M3 Ⅲm Ⅳ/M3 Ⅵm Ⅳ/M3 Ⅲm
機能 T(弛緩) S(中間) T (T) S T(弛緩) S(中間) T(弛緩)
根音 完全4度上行 完全4度上行
進行
S偽終止の逆進行 - - S偽終止 S偽終止の逆進行 S偽終止
終止
共通 P1→M3
m3→P5
- P1→P5 - M3→P1
P5→m3
P1→M3
m3→P5
解釈

Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


第2音を抜くと。威厳とか風格とか。古来。


解釈を投稿


6の和音の増3和音ともとれる。


解釈を投稿


セカンダリーとはいえ、ドミナントはドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


Ⅱmへの進行を滑らかにするためのコード。第3音は歌うときには音が取りずらいという難点もある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ピカルディ終止はバロック時代にその起源をもつ特殊な終止。『やさしくわかる楽典』


中音が構成音からはみ出す。


短調にグッと寄る。


短調からみた、下属調のセカンダリードミナント 。


解釈を投稿


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


第2音を抜くと。威厳とか風格とか。古来。


解釈を投稿


6の和音の増3和音ともとれる。


解釈を投稿


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


短和音にはトライトーンができない。


ドミナントとしての機能は弱い。


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


フリジアンは2367が下がる。


解釈を投稿

動機 前楽節 偽終止 後楽節 偽終止
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ