moah.me

浜崎あゆみWe are the QUEENSIntro

音名DmB♭/DA/C♯DmADA
和音ⅥmⅣ/M3Ⅲ/M3Ⅵm
機能T(弛緩)ST(D)(T)Sec.Ⅴ(D)
根音短2度上行完全4度上行
進行
S偽終止の逆進行--
終止全終止
共通P1→M3
m3→P5
--P1→P5P5→P1
解釈

マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


6の和音の増3和音ともとれる。


解釈を投稿


dimは不安や緊張を煽るシーン。augのような不思議な感じはない。『サントラ、BGMの作曲法』


5の和音の代理ともみなせる。代理から本来の和音に進行することが不良なのだとすれば、ここから5への進行も不良なのかも。


ディミニッシュやオーギュメントは単独では不安定で、少し不気味な響き。心の不安や怪しい場面を音で描くときに常用される。使い方によってはロマンチックな響きを持つコードに一変する。『コード進行による作曲入門ゼミ』


減三和音。陰鬱な雰囲気を持っています。まるで頭を押さえつけられたような感じです。『やさしくわかる楽典』


減3和音は、怪しく不安定な響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


セカンダリーとはいえ、ドミナントはドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


Ⅲ7→Ⅵ7→Ⅱ7→Ⅱm。大変ロマンチックな響きが見られる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


Ⅱmへの進行を滑らかにするためのコード。第3音は歌うときには音が取りずらいという難点もある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ピカルディ終止はバロック時代にその起源をもつ特殊な終止。『やさしくわかる楽典』


中音が構成音からはみ出す。


短調にグッと寄る。


短調からみた、下属調のセカンダリードミナント 。


サビの頭からこの和音を使っている曲がある。


結構すごい進行だと思う。転調したんじゃないかと思う。違和感のある進行だけどそれが耳につくのかも。


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


音階からみた第5音が半音上がっている。


g#からg。減8度。ジャジーな響き。


短3度の音を使うと、陰鬱な感じ。長3度よりも自由度は高い。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿