moah.me

The ピーズやりっぱなしでサイナラだ Bye ByeIntro

音名GEGE
和音
機能S(中間)Sec.Ⅴ(S)SSec.Ⅴ(S)
根音短3度下行短3度下行
進行
終止
共通M3→P5P5→M3M3→P5
解釈

メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


アド9が頻出。


解釈を投稿


2音がトライトーンを形成するが、1音は主音にあたる音。だから、ドミナントとしての性質が弱い。多分。


ダブルドミナント。7thコードは半音上のdimコードでも代理可能。このdimコードの転回形は1転も2転も3転も全部dim7。『つくれるサントラ、BGM』


力強い響き。パワフル。ドミナントは基本的に強いと考えて良さそう。


Ⅰ→ⅡあるいはⅥm→Ⅱ等と、Ⅱmの代わりで使われることが多い。Ⅵm→Ⅱmは哀しい感覚だが、Ⅵm→Ⅱはおしゃれな感じ。Ⅱの次はⅣやⅤに移行することが多い。使用例はかなり多い。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


ドイツ式では、ドッペルドミナント。ダブルはドッペル。


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


復帰するという点もある。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


解釈を投稿


2音がトライトーンを形成するが、1音は主音にあたる音。だから、ドミナントとしての性質が弱い。多分。


ダブルドミナント。7thコードは半音上のdimコードでも代理可能。このdimコードの転回形は1転も2転も3転も全部dim7。『つくれるサントラ、BGM』


力強い響き。パワフル。ドミナントは基本的に強いと考えて良さそう。


Ⅰ→ⅡあるいはⅥm→Ⅱ等と、Ⅱmの代わりで使われることが多い。Ⅵm→Ⅱmは哀しい感覚だが、Ⅵm→Ⅱはおしゃれな感じ。Ⅱの次はⅣやⅤに移行することが多い。使用例はかなり多い。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


ドイツ式では、ドッペルドミナント。ダブルはドッペル。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索


分析結果を投稿