moah(β版)

嘉門達夫小市民Intro

音名 E B G♯/B♯ C♯m C♯m B A E/G♯
和音 Ⅲ/M3 Ⅵm Ⅰ/M3
機能 T D T D S T
根音 短2度上行 短2度上行
進行
- - - - - - S終止
終止 全終止
共通 - - M3→P5 - - - - P5→P1
解釈

dimは不安や緊張を煽るシーン。augのような不思議な感じはない。『サントラ、BGMの作曲法』


5の和音の代理ともみなせる。代理から本来の和音に進行することが不良なのだとすれば、ここから5への進行も不良なのかも。


ディミニッシュやオーギュメントは単独では不安定で、少し不気味な響き。心の不安や怪しい場面を音で描くときに常用される。使い方によってはロマンチックな響きを持つコードに一変する。『コード進行による作曲入門ゼミ』


減三和音。陰鬱な雰囲気を持っています。まるで頭を押さえつけられたような感じです。『やさしくわかる楽典』


減3和音は、怪しく不安定な響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


パッシング・ディミニッシュ。


シンコペーションとか使わずに、着実に演奏する。段階をしっかり強調する。


主音から見たM3を伸ばしたいときに、使われてたり。和声を和声音に組み込む感じ。先取音みたいな。


ダイアトニック・コードの3であれば、主音を鳴らしてたら、Ⅰの和音の転回形としても取れるから、まあそうなのかなと思うけど、セカンダリー・ドミナントとなるとどう解釈していいか分からない。


ここで、m6を鳴らしてる曲があった。アヴォイドではある。先取音的な用法であれば、さほど問題ない気もする。ドミナントでも主音を使いたくなるのはなんでだろう。Ⅴのsus4でそのままⅠとかもよく見る気がする。


解釈を投稿


転回形を用いて、細やかな揺れにしている感じ。


近く感じ。4141とかは、近づき、離れて、近づき、みたいな感じ。揺れを繰り返す感じが、壮大。自然に息づくリズム的な。


3と6みたいな感じで分割されることも。分割すると勢いが生まれる。


メロディと合うかも判断材料。


ベースラインの綺麗さを意識して作られた進行。


刻一刻と迫り来る感じ。


終止感を弱めているのかも。継続的な感じにしたかったのかも。


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、終止が薄弱化されています。


むしろ、印象を弱めようとしているのかも。基本形への進行は結構インパクト強い。終止感を弱化させて、他に聴かせどころを作ってる感じ。


無理してる感じがでる。なんとか、雰囲気を維持しようとしてると考えてもいいのかも。短和音にしたくないのかも。


解釈を投稿

動機 前楽節 半終止 後楽節 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ