moah.me
本サイトで出来ること

原田ひとみ疾走論間奏

音名 G♯m E F♯ D♯ G♯m E C♯/E♯ F♯
和音 Ⅵm Ⅵm Ⅱ/M3
機能 T(弛緩) S(中間) D(緊張) Sec.Ⅴ(D) T(弛緩) S(中間) Sec.Ⅴ D
根音 長3度下行 長2度上行 短3度下行 完全4度上行 長3度下行 短2度上行 短2度上行 短3度下行
進行
S偽終止の逆進行 S・D連結 Sec.Ⅴ終止 S偽終止の逆進行 DD終止
終止 全終止 全終止
共通 P1→M3
m3→P5
なし M3→P5 P1→P5 P1→M3
m3→P5
M3→P5 P1→P5
解釈

マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


Where系の歌詞とすごく親和性高い。


離れていくのを止められない。


ちょっとずつ離れて行くような感じ。強引に引き戻せそうな感じもする。でも手を出せないなにか心理的な抵抗もある。


どこかへ行ってしまうような感じ。寂しい。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


「ポップミュージック」におけるロマンチシズムってのはメジャーとマイナーの調性の揺らぎが生み出す。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ちょっと我慢する感じ。


本格的になる感じ。のらりくらりする感じではない。


「もっと」みたいな。飽くなき感じ。


more系の歌詞と親和性があると思う。


4511はBメロで多いかも。


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


がっつりドミナントになる感じがする。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


音階からみた第5音が半音上がっている。


ニュアンスがつく。


解釈を投稿


マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


タンゴはドミナント、トニックをかなり強調する。ドミナントの導音と主音の強調で調性感を目立たせる。『つくれるサントラ、BGM』


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


フラメンコの香りがする。『コード進行による作曲入門ゼミ』


Ⅲ7→Ⅵmは、都会の女性のよう。『コード進行による作曲入門ゼミ』


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


Where系の歌詞とすごく親和性高い。


離れていくのを止められない。


ちょっとずつ離れて行くような感じ。強引に引き戻せそうな感じもする。でも手を出せないなにか心理的な抵抗もある。


どこかへ行ってしまうような感じ。寂しい。


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


解釈を投稿


付加音としてm9が使えそう。Ⅱの代理としての♭Ⅲdim7。その転回形とも捉えられる。


これは、ダブルドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


経過的用法。


解釈を投稿


「次の和音は・・・」みたいな効果がある。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


「クラシック曲では普通は無いが、近年のポピュラー音楽等では、進行が終止せず、終止に向けた一定のフレーズを繰り返しながらフェードアウトして終わる、といった曲や、ゲームのBGMのように曲自体は何度でも繰返して終わりがないといった曲もある。コンピュータゲームにおいて、特定のルートを通ると、再び同じルートが登場し、先に進めなくなる仕掛けのことを無限ループと呼ぶ場合がある。」


苦痛?


セブンス下行導音と呼ぶことも。(https://tawauwasakonosam.blog.so-net.ne.jp/150423douonyokkyu)


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


旋律での導音の使用。調性感の確立。


解釈を投稿

動機 前楽節 半終止 後楽節 半終止
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿