moah(β版)

TWICECandy PopA

和音 Ⅳ/P5 ♭Ⅵ Ⅳ/P5 ♭Ⅵ
機能 T (T) T (S) T (T) T (S)
根音 長3度下行 長3度下行
進行
S終止
終止
共通 P5→P1 P1→P5 P5→M3 M3→P1 P1→P5 P5→M3
解釈

「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャートニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→S→Tは、行こうと思って忘れ物を取りに帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


祈りの言葉。


決して永遠の安らぎを感じさせるような安心感ある結末ではない。一度終わったようで後を引く、またすぐに続けたくなる。完全な結びつきでないが故にズルズルあとを引く。『音楽の正体』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


変格終止と見られ、これが宗教音楽や遠い過去を想起させるときに用いられる手法」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


「サブドミナントからトニックに至るため、全終止と比べやや柔らかい印象を与える。あまり十分な終止感を与えないが、古典的な楽曲の最後の用いられることがある。」


「音楽の世界ではIV度の和音から主和音に解決する終止形を「アーメン終止」と呼ぶ。これは賛美歌の最後に唱える「アーメン」に、この終止形を用いることが多いことから名付けられた。ポピュラー音楽の世界では、広義にsus4から解決する進行もアーメン終止と呼ぶことがある。」


解釈を投稿


「楽曲分析において、副次ドミナントは、トニック化された音階の度数と、使用される副次ドミナント和音の種類とを分ける斜線を伴って記譜される。たとえば、主調がハ長調で、ヘ長調のトニック化が所望であれば、ヘ長調のV7和音を、Fへの副次ドミナントとして用いることができる。」


Ⅳを強く欲し、Ⅰ7→Ⅳと進むことが多い。トニックにもかかわらず、セブンスがつくだけで非常に不安定な感覚になる。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


期待値が上がる。増大的展開。


メロディは同じ音形が繰り返されたり。伴奏で変化が加わる感じ。


Ⅳ:Ⅴとも表記する。


下属調からの借用。


属調と下属調は裏表の関係にある。


下属調のドミナント。


4調のドミナント。


冷静さが失われていくように感じられます。


解釈を投稿


解釈を投稿


解釈を投稿


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


メロディは離れていく。歌詞はそれに抵抗するみたいな相反する動きも面白い。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


sus4は色彩感のない響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


長七の和音。煌びやかな響きが特徴で20世紀に入ってから用いられるようになった。『やさしくわかる楽典』


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿


「楽曲分析において、副次ドミナントは、トニック化された音階の度数と、使用される副次ドミナント和音の種類とを分ける斜線を伴って記譜される。たとえば、主調がハ長調で、ヘ長調のトニック化が所望であれば、ヘ長調のV7和音を、Fへの副次ドミナントとして用いることができる。」


Ⅳを強く欲し、Ⅰ7→Ⅳと進むことが多い。トニックにもかかわらず、セブンスがつくだけで非常に不安定な感覚になる。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


期待値が上がる。増大的展開。


メロディは同じ音形が繰り返されたり。伴奏で変化が加わる感じ。


Ⅳ:Ⅴとも表記する。


下属調からの借用。


属調と下属調は裏表の関係にある。


下属調のドミナント。


4調のドミナント。


冷静さが失われていくように感じられます。


解釈を投稿


解釈を投稿


解釈を投稿

動機 前楽節 後楽節 前楽節 後楽節
旋律 開始:P1、方向:同音
拡大表示

ド安定。『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』


自由度が低い。


追う感じ、未練がある感じは上向き、その後、反省する感じ、我に戻る感じ、現実を知る感じ、冷静になる感じは下向き。


上向きは遠ざかっていく。下向きは近づいてくる。


主音から上行進行で離れると、抵抗的なエネルギーが感じられる。重力を振り切ろうとする感じ。


この音からの順次上行。重力に引っ張られる感じ。下から引っ張られながら、上がっていく。よじ登る。


綺麗に動かしづらい。


最も動かしにくい音から始まる。


決定的、断定的に感じられる。


それだと、主和音の上で主音を鳴らすと、メロディが動かしづらくなるという点も気にならない。


解釈を投稿

編成
BD
拡大表示

解釈を投稿

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    該当する曲が登録されていません。


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ