moah.me

The Super BallblueIntro

音名B♭mE♭G♭/A♭D♭
和音ⅥmⅣ/M2
機能T(弛緩)Sec.Ⅴ(S)D(緊張)T(弛緩)
根音完全4度上行完全4度上行完全4度上行
進行
D終止
終止全終止
共通P1→P5P1→P5
解釈

マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


変位和音としてのⅡは短調特有のよう。


ドリアンのⅣ (http://www.nanacpszch.com/article/456371565.html)


2音がトライトーンを形成するが、1音は主音にあたる音。だから、ドミナントとしての性質が弱い。多分。


ダブルドミナント。7thコードは半音上のdimコードでも代理可能。このdimコードの転回形は1転も2転も3転も全部dim7。『つくれるサントラ、BGM』


力強い響き。パワフル。ドミナントは基本的に強いと考えて良さそう。


逃がす。フック。聞かせどころ。最高音をここで出す。


ボイシングで旋律的短音階を作りたかったから、こうした可能性。


Ⅰ→ⅡあるいはⅥm→Ⅱ等と、Ⅱmの代わりで使われることが多い。Ⅵm→Ⅱmは哀しい感覚だが、Ⅵm→Ⅱはおしゃれな感じ。Ⅱの次はⅣやⅤに移行することが多い。使用例はかなり多い。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


ドイツ式では、ドッペルドミナント。ダブルはドッペル。


恐怖心と、それに伴う覚醒度の高まり。突き落とされたよう。


解釈を投稿


透明感がある都会的な香り。『音楽の正体』


解釈を投稿


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


メロディは離れていく。歌詞はそれに抵抗するみたいな相反する動きも面白い。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


sus4は色彩感のない響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


長七の和音。煌びやかな響きが特徴で20世紀に入ってから用いられるようになった。『やさしくわかる楽典』


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿

動機前楽節全終止後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿