moah.me
本サイトで出来ること

suchmosstay tuneIntro

音名 Am B♭ C F E
和音 Ⅲm
機能 T(弛緩) S D T(弛緩) Sec.Ⅴ(S)
根音 短2度上行 長2度上行 完全4度上行
進行
- - D終止
終止 全終止
共通 - - P1→P5 なし
解釈

5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


長調では他のコードのつなぎ、補助的な色合いが強い。メロディの色彩が豊かになる。短調でのⅢmは常にⅢ7との比較にある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


短和音にはトライトーンができない。


ドミナントとしての機能は弱い。


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


フリジアンは2367が下がる。


解釈を投稿


ブレイクを入れるためかもしれない。>>完結型の進行ってAメロで多い。なんで。


短調でいうとこれも偽終止。6451とかは、本来帰るべき場所に帰らずにどこかに行くみたいな、別れのようなものを感じさせる。


完結型の進行ってAメロで多い。なんで。


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→D→Tは、行こうと思って帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


楽節と呼ばれる、おおむね4小節から8小節の長さのまとまりの終わりには、この終止が置かれる。終止とはいうものの、その終止感の大きさはさまざまであり、曲の終わる感じはしないが、少し区切りを感じる、というものも含まれる。なお、一般に終止形の語は、日本語では別の概念である。」


BGMの作曲。ループ。「一般的には、曲が途切れないように曲を終端で終止させず、先頭部分と音楽的につながるように作曲することが多い。」


解釈を投稿


サブドミナントにグループ化しても良いくらいの和音。『つくれるサントラ、BGM』


これは短調のダブルドミナント。『つくれるサントラ、BGM』


長調ではあまり用いられないが、短調では常用される。大抵、Ⅶ7→Ⅲ7と進む。Ⅶ7→Ⅳ7→Ⅲ7と進行することもある。『コード進行による作曲入門ゼミ』


短調の属調のドミナント。


音階以外の音が2つ入る。


属調の導音を入れる。


c-d♯は増2度


cもあげれる。


短調の属調のドミナント。


b d♯ f♯


解釈を投稿

動機 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿

動画