moah(β版)

ZARD揺れる想いC

音名 B♭ D E♭ B♭ F/A Gm Cm F
和音 Ⅴ/M3 Ⅵm Ⅱm
機能 T(弛緩) Sec.Ⅴ(D) S(中間) T(弛緩) D T(弛緩) S(中間) D(緊張)
根音 短2度上行 完全4度上行 完全4度上行 完全4度上行
進行
D終止 Sec.Ⅴ偽終止の逆進行 Sec.Ⅴ偽終止 S終止 - D偽終止 S偽終止の逆進行 S・D連結
終止 偽終止 偽終止 全終止
共通 P1→P5 M3→P1 なし P5→P1 - なし P1→P5 P1→P5
解釈

短調でいうとこれも偽終止。6451とかは、本来帰るべき場所に帰らずにどこかに行くみたいな、別れのようなものを感じさせる。


完結型の進行ってAメロで多い。なんで。


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャートニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→D→Tは、行こうと思って帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


楽節と呼ばれる、おおむね4小節から8小節の長さのまとまりの終わりには、この終止が置かれる。終止とはいうものの、その終止感の大きさはさまざまであり、曲の終わる感じはしないが、少し区切りを感じる、というものも含まれる。なお、一般に終止形の語は、日本語では別の概念である。」


BGMの作曲。ループ。「一般的には、曲が途切れないように曲を終端で終止させず、先頭部分と音楽的につながるように作曲することが多い。」


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


その前のⅠの和音がフリみたいに聞こえる。


哀愁ある感じする。


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


もの足りる響きにしたい。でも、短調な性格を出したくない。そんなときに偽終止。4へいく。


解釈を投稿


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


流れ込むような感じ。


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


解釈を投稿


「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャーのトニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→S→Tは、行こうと思って忘れ物を取りに帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


祈りの言葉。


決して永遠の安らぎを感じさせるような安心感ある結末ではない。一度終わったようで後を引く、またすぐに続けたくなる。完全な結びつきでないが故にズルズルあとを引く。『音楽の正体』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


変格終止と見られ、これが宗教音楽や遠い過去を想起させるときに用いられる手法」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


「サブドミナントからトニックに至るため、全終止と比べやや柔らかい印象を与える。あまり十分な終止感を与えないが、古典的な楽曲の最後の用いられることがある。」


「音楽の世界ではIV度の和音から主和音に解決する終止形を「アーメン終止」と呼ぶ。これは賛美歌の最後に唱える「アーメン」に、この終止形を用いることが多いことから名付けられた。ポピュラー音楽の世界では、広義にsus4から解決する進行もアーメン終止と呼ぶことがある。」


解釈を投稿


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


第2音を抜くと。威厳とか風格とか。古来。


解釈を投稿


Ⅵm→Ⅱm→Ⅲ7→Ⅵm。フォークコード。『コード進行による作曲入門ゼミ』


大循環コードでは、メロディが同形を繰り返す進行が非常に多い。『コード進行による作曲入門ゼミ』


一番自然な進行を使うため、メロディの線は非常に柔らかく滑らかなものとなる。その一方、繊細でひ弱な面もなくはない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


コードが4度上昇を続ける時、それに乗ったメロディは一番の安定感とスムーズ感を得ることができる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


演歌では、Ⅵm→Ⅱm→Ⅵm→Ⅲm→Ⅵmといった単調なサンドイッチ型のコード進行が愛好されている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


弱気な感じ。おとなしい感じ。ドミナントのほうが強さがでる。


演歌でよく見られる。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


解釈を投稿


「また、主和音であるCにつなげることで2つの力強い強進行をつくることができる。こうしたことから、トニックを含めたトゥーファイブ進行として「トゥーファイブワン」と呼ばれることがある。トライトーンサブスティテューション tritone substitutionはドミナントモーションの特徴的な三全音を持っているためV7として代用することが可能である。」


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


「クラシック曲では普通は無いが、近年のポピュラー音楽等では、進行が終止せず、終止に向けた一定のフレーズを繰り返しながらフェードアウトして終わる、といった曲や、ゲームのBGMのように曲自体は何度でも繰返して終わりがないといった曲もある。コンピュータゲームにおいて、特定のルートを通ると、再び同じルートが登場し、先に進めなくなる仕掛けのことを無限ループと呼ぶ場合がある。」


苦痛?


セブンス下行導音と呼ぶことも。(https://tawauwasakonosam.blog.so-net.ne.jp/150423douonyokkyu)


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


旋律での導音の使用。調性感の確立。


sus4により調性感をぼかすことができる。導音は調性を確定する要因の一つ。主音に進むと進行感が出る。『つくれるサントラ、BGM』


解釈を投稿

動機 前楽節 半終止 後楽節 半終止
旋律 開始:P1、方向:下行
拡大表示

ド安定。『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』


自由度が低い。


盛り上がりを最初に持ってきた感じなのかな。


それだと、主和音の上で主音を鳴らすと、メロディが動かしづらくなるという点も気にならない。


同音進行、連打とか、音高が動かないメロディに合う。


居心地が良い響き。


主音を避けるとそのあとのメロディを作りやすい。


最も良く調和し、気持ちよく響きます。よく使われる手法としては、旋律やバスを八度で重複してその意味を目立たせたり、強めたりすることがあります。(http://lunacalan.com/1-7-%E9%9F%B3%E7%A8%8B%E3%81%AE%E6%84%9F%E3%81%98-%E5%92%8C%E9%9F%B3-1097.html)


解釈を投稿

編成
E.Gt.(PowerChord)+A.Pf. A.Gt.(Stroke)
拡大表示

解釈を投稿

BD
拡大表示

解釈を投稿

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    該当する曲が登録されていません。


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ