moah.me

元ちとせ春のかたみIntro

音名B♭mFm/A♭G♭Fm/A♭B♭mFm/A♭G♭Fm/A♭
和音ⅥmⅢm/m3Ⅲm/m3ⅥmⅢm/m3Ⅲm/m3
機能TDSDTDSD
根音長2度上行長2度上行長2度上行
進行
S終止S偽終止の逆進行S終止S偽終止の逆進行
終止偽終止
共通P5→P1P1→P5P5→P1
解釈

マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


この後に6とかだったら、じれったい感じ。


パリッとしてる進行ではないから、カッコ良い感じにはならないかも。思い詰める感じ。


動揺局面。


しっとりとした感じが維持される感じ。


クラシカル。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


ベースラインが滑らかな場合、順次進行の時は、違和感なくいける。


ベースがルートにないコードはだいたい不安定。


加減の問題。


転回形を用いて、ドミナント感を強めたのかな。


機能がドミナントに。根音が第5音であれば、全てドミナントと捉えても大丈夫な感じなことを何かの本で読んだ気がする。


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


アド9が頻出。


解釈を投稿


クラシカル。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、響きが軟弱化されています。


解釈を投稿


マイナーから始まってメジャーで終わるなら、暗闇から光を探し求める感じに聞こえる。


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


しっとりとして暗い響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


この後に6とかだったら、じれったい感じ。


パリッとしてる進行ではないから、カッコ良い感じにはならないかも。思い詰める感じ。


動揺局面。


しっとりとした感じが維持される感じ。


クラシカル。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


ベースラインが滑らかな場合、順次進行の時は、違和感なくいける。


ベースがルートにないコードはだいたい不安定。


加減の問題。


転回形を用いて、ドミナント感を強めたのかな。


機能がドミナントに。根音が第5音であれば、全てドミナントと捉えても大丈夫な感じなことを何かの本で読んだ気がする。


解釈を投稿


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


アド9が頻出。


解釈を投稿


クラシカル。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、響きが軟弱化されています。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節半終止前楽節後楽節
旋律
編成
BD

登録された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿

動画