moah(β版)

sumikaフィクションC(全音上への転調)

和音 Ⅵm Ⅰ/P5 Ⅰ/M3 Ⅱm
機能 T (D) T T S T S D
根音 完全4度上行 完全4度上行 完全4度上行 完全4度上行 完全4度上行
進行
S終止 Sec.Ⅴ偽終止の逆進行 Sec.Ⅴ終止 - - S終止の逆進行 S終止 S終止の逆進行 S・D連結
終止 全終止 全終止
共通 P5→P1 M3→P1 P1→P5 - - P1→P5 P5→P1 なし P1→P5
解釈

「欠点は、コード進行によるバッキングやメロディーによる劇的な進行がない事である。機能和声理論では、例えばCメジャートニックにおいてC・E・Gは和音構成音、D・F・A・Bは非和声音と定義される。旋律は和音構成音に帰結するように動き、非和声音に至った旋律がその後跳躍することは無い。」


「芸大和声では、それらの非和声音は、主和音Iの構成音が転位したものとみなす。だから「保続I」の機能は常にトニックなのである。「保続V」についても考え方は同じで、上声部がどのような動きをしていても、Vの基本位置の和音が続いているのである。」


T→S→Tは、行こうと思って忘れ物を取りに帰って来る感じ。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


祈りの言葉。


決して永遠の安らぎを感じさせるような安心感ある結末ではない。一度終わったようで後を引く、またすぐに続けたくなる。完全な結びつきでないが故にズルズルあとを引く。『音楽の正体』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


変格終止と見られ、これが宗教音楽や遠い過去を想起させるときに用いられる手法」


「広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。音楽の終わり方は、付加終止、カディンツア、終止形、などといわれ定義されている。しかし、音楽の始まりは定義されていない。」


「サブドミナントからトニックに至るため、全終止と比べやや柔らかい印象を与える。あまり十分な終止感を与えないが、古典的な楽曲の最後の用いられることがある。」


「音楽の世界ではIV度の和音から主和音に解決する終止形を「アーメン終止」と呼ぶ。これは賛美歌の最後に唱える「アーメン」に、この終止形を用いることが多いことから名付けられた。ポピュラー音楽の世界では、広義にsus4から解決する進行もアーメン終止と呼ぶことがある。」


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


その前のⅠの和音がフリみたいに聞こえる。


哀愁ある感じする。


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


もの足りる響きにしたい。でも、短調な性格を出したくない。そんなときに偽終止。4へいく。


解釈を投稿


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


タンゴはドミナント、トニックをかなり強調する。ドミナントの導音と主音の強調で調性感を目立たせる。『つくれるサントラ、BGM』


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


フラメンコの香りがする。『コード進行による作曲入門ゼミ』


Ⅲ7→Ⅵmは、都会の女性のよう。『コード進行による作曲入門ゼミ』


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


解釈を投稿


サブドミナントはふわふわした雰囲気を持っている。迷いや戸惑いが表現できる。『イメージした通りに作曲する方法』


Ⅳ度調は明るく派手で華やいだ感じ。『音楽の正体』


全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。


「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。」


第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。


ナインス。ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。幻想的とか。優しさある。4の和音のナチュラルテンションは全て好き。


ナインスは甘美な響きだと思う。


add9はより明るく聞こえる。


アド9が頻出。


アクセントとして強調しても良い。


解釈を投稿


転回形を用いて、細やかな揺れにしている感じ。


近く感じ。4141とかは、近づき、離れて、近づき、みたいな感じ。揺れを繰り返す感じが、壮大。自然に息づくリズム的な。


3と6みたいな感じで分割されることも。分割すると勢いが生まれる。


メロディと合うかも判断材料。


ベースラインの綺麗さを意識して作られた進行。


刻一刻と迫り来る感じ。


終止感を弱めているのかも。継続的な感じにしたかったのかも。


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、終止が薄弱化されています。


むしろ、印象を弱めようとしているのかも。基本形への進行は結構インパクト強い。終止感を弱化させて、他に聴かせどころを作ってる感じ。


無理してる感じがでる。なんとか、雰囲気を維持しようとしてると考えてもいいのかも。短和音にしたくないのかも。


解釈を投稿


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


6の和音がこの進行の間に挿入されて動きがつけられることがある。コードチェンジが多くなり、加速感が強まる。


これも、ベースラインの綺麗さ、流麗さが意識されている。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


Ⅳよりも推進力が強い。


異質なもの。


安直でいかにも。


解釈を投稿


「また、主和音であるCにつなげることで2つの力強い強進行をつくることができる。こうしたことから、トニックを含めたトゥーファイブ進行として「トゥーファイブワン」と呼ばれることがある。トライトーンサブスティテューション tritone substitutionはドミナントモーションの特徴的な三全音を持っているためV7として代用することが可能である。」


「このG7は旋律的短音階上においてB音が存在するために成立する。 これらの進行は、ドミナントの不安定さからトニックの安定さへ移行するための進行として非常に頻繁に用いられる。 即興音楽などでは属和音のサウンドが聞こえた時には、ドミナントモーションの考え方から、現在のコードから4度上のコードが鳴ると予測できる。」


ドミナントはクローズアップする感覚を呼び起こす和音なのかもしれない。


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


「クラシック曲では普通は無いが、近年のポピュラー音楽等では、進行が終止せず、終止に向けた一定のフレーズを繰り返しながらフェードアウトして終わる、といった曲や、ゲームのBGMのように曲自体は何度でも繰返して終わりがないといった曲もある。コンピュータゲームにおいて、特定のルートを通ると、再び同じルートが登場し、先に進めなくなる仕掛けのことを無限ループと呼ぶ場合がある。」


苦痛?


セブンス下行導音と呼ぶことも。(https://tawauwasakonosam.blog.so-net.ne.jp/150423douonyokkyu)


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


旋律での導音の使用。調性感の確立。


sus4により調性感をぼかすことができる。導音は調性を確定する要因の一つ。主音に進むと進行感が出る。『つくれるサントラ、BGM』


解釈を投稿

動機 前楽節 全終止 後楽節 半終止 前楽節 後楽節
旋律 開始:P1、方向:上行
拡大表示

ド安定。『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』


逆に上向くエネルギーが強く感じられるのかも。重力が強い分それだけ意思を感じるのかも。


自由度が低い。


あまり、動きが多くない。それによって倦怠感的なものが表現される。また説得的。説得的な倦怠感。こう、悟る感じ。


それだと、主和音の上で主音を鳴らすと、メロディが動かしづらくなるという点も気にならない。


同音進行、連打とか、音高が動かないメロディに合う。


居心地が良い響き。


主音を避けるとそのあとのメロディを作りやすい。


最も良く調和し、気持ちよく響きます。よく使われる手法としては、旋律やバスを八度で重複してその意味を目立たせたり、強めたりすることがあります。(http://lunacalan.com/1-7-%E9%9F%B3%E7%A8%8B%E3%81%AE%E6%84%9F%E3%81%98-%E5%92%8C%E9%9F%B3-1097.html)


解釈を投稿

編成
A.Gt.(Stroke) A.Pf.
拡大表示

解釈を投稿

BD
拡大表示

バックビートを強調する4つ打ち。kpop。


ディスコチューンな感じ。疾走感とか突き抜け感、前へ前へ進んでいく感じ。無機質な、メタリックな感じ。クールさ、疾走感を敢えて前に出す。


重量感、安定感を演出できる。下っ端ではなく、大物感を彷彿とさせる。『つくれるサントラ、BGM』


ダンスミュージックの目的は気持ちよく踊ること。そのため、場面ごと、ブロックごとにリズムの変化をつけない傾向にある。エレクトロだけでなく、バンド等でも使用されるようになった。『つくれるサントラ、BGM』


コードチェンジのタイミングが1/2とかなら、bpm70とかでも乗れる感じ。倍テンもできる感じ。むしろそれを意識してるのかも。


等間隔は平穏。


平穏でない状態にしたいなら、拍子は崩す。


等間隔になると、サクサク進む感じになる。軽い感じ。しんどそう、悲しげにはならない。


フロアタムとの組み合わせもある。


シンコペーションとの組み合わせがいいらしい。


解釈を投稿

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ