moah(β版)

GARNET CROWdoubtIntro

音名 Dm E Am Dm E Am
和音 Ⅱm Ⅵm Ⅱm Ⅵm
機能 S (D) T(弛緩) S (D) T(弛緩)
根音 長2度上行 完全4度上行 完全4度上行 長2度上行 完全4度上行 完全4度上行
進行
Sec.Ⅴ終止 S偽終止の逆進行 Sec.Ⅴ終止
終止 全終止 全終止
共通 なし P1→P5 P1→P5 なし P1→P5
解釈

この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


Ⅳよりも推進力が強い。


異質なもの。


安直でいかにも。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


音階からみた第5音が半音上がっている。


ベタな終止は、楽曲を締めくくるときに使える。


短調のベタな終止形


解釈を投稿


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


タンゴはドミナント、トニックをかなり強調する。ドミナントの導音と主音の強調で調性感を目立たせる。『つくれるサントラ、BGM』


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


フラメンコの香りがする。『コード進行による作曲入門ゼミ』


Ⅲ7→Ⅵmは、都会の女性のよう。『コード進行による作曲入門ゼミ』


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


解釈を投稿


Ⅵm→Ⅱm→Ⅲ7→Ⅵm。フォークコード。『コード進行による作曲入門ゼミ』


大循環コードでは、メロディが同形を繰り返す進行が非常に多い。『コード進行による作曲入門ゼミ』


一番自然な進行を使うため、メロディの線は非常に柔らかく滑らかなものとなる。その一方、繊細でひ弱な面もなくはない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


コードが4度上昇を続ける時、それに乗ったメロディは一番の安定感とスムーズ感を得ることができる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


演歌では、Ⅵm→Ⅱm→Ⅵm→Ⅲm→Ⅵmといった単調なサンドイッチ型のコード進行が愛好されている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


全ての曲はスリーコードで演奏できると言われている。ただそれでは面白みに欠けるので代理コードなどを用いて変化を持たせている。『君も今日からアレンジャー 誰にでもできるアレンジ講座』


弱気な感じ。おとなしい感じ。ドミナントのほうが強さがでる。


演歌でよく見られる。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


解釈を投稿


決定的な雰囲気を感じさせる。


キリッとしててカッコ良い。


「ここで述べた3種の副次ドミナント和音は、トニック化された調の両方の導音、第7音と第4音を含むことを指摘しておく。より長いトニック化はその他の副次和音、つまりトニック化された調のサブドミナントやトニックの三和音といったものを含む。」


三連符にはさらに加速感もある。


ここで三連符とかきたら一気にクローズアップする感じになる。


「一般的に副次ドミナントはトニック化された調の主和音の三和音に解決するが、これは必ずしも必要というわけではない。このような、到達先の主和音が実際には鳴らないトニック化は、半終止または偽終止の場合に、とりわけよく見られる。大規模な曲では、内部調が非常に長く続き、部分的な主調であるかのようになることがある。」


フラメンコのコード進行の特徴は順次進行。中心となるコードはⅢ。セブンコードのもつ柔らかさを嫌ってか、セブンコードはあまり用いられない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


音階からみた第5音が半音上がっている。


ベタな終止は、楽曲を締めくくるときに使える。


短調のベタな終止形。


解釈を投稿


Ⅵm調。もっとも理解がしやすいストレートな悲しみが表現できる調。『音楽の正体』


というか第五音に気風があるのかも。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


タンゴはドミナント、トニックをかなり強調する。ドミナントの導音と主音の強調で調性感を目立たせる。『つくれるサントラ、BGM』


夜は短調?。


静粛でクールな雰囲気から始めたい場合。


フラメンコの香りがする。『コード進行による作曲入門ゼミ』


Ⅲ7→Ⅵmは、都会の女性のよう。『コード進行による作曲入門ゼミ』


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


もの悲しさを感じさせる響きを持っている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


解釈を投稿

動機 前楽節 偽終止 後楽節 偽終止 前楽節 後楽節
旋律
編成
BD

投稿された分析結果

アーティスト名、曲名で検索

検索結果

要素で検索

コード進行が一致する曲

リズムが一致する曲

    何も入力されていません。


分析結果を投稿

動画


共有:Twitter はてなブックマーク

moah(β版) | words(β版) | api(β版)

ナイトモード

利用規約 | 問い合わせ